2012/08/19

島の盆踊り

今年も、笠岡諸島のお盆の行事に参加しました。
まず、今年の夏に、笠岡諸島を結ぶ三洋汽船に新造船ができていました。運よく乗ることができました。

朝のうちは、海は凪いでいました。


真鍋島に上陸。

桟橋で出迎えてくれるのは、ヒロシさん。「おう!来たんか!!」と、大きな声も久しぶり!体調恢復して良かったね~

まずは、禮三さんのお墓参りをしてきました。
禮三さんの眠る円福寺の丘。

色とりどりのお花に囲まれた、禮三さんのお墓に手を合わせていると、何かが動いた!
お墓の後ろに立てている、塔婆に掛けてあった、禮三さんのご愛用だった帽子が風に揺れていたのでした。まるで、「よっ!」と、片手をあげて挨拶するように!


その後、定義さん、守司さんを訪ねました。
守司さんの家は、来るたびに「写真館」になってきています。

お互いに写真を撮り合いました。


夕方、白石島に移動しました。これも、またまた新造船。

中もハイテクです。

白石島の公民館長天野さんの家の人たちと、話していると、中西屋のタケルさんが登場!
「あっ!!!アートリンクのTシャツを着ている!!!!」「ものが良いと、長持ちするんよ~!」ありがとうございます。



夕方まで、エイミーさんのモーBarで、一休み!!!

すると、あれあれ???白石島のマンジさんが!!!

今日は、送り火を流す日じゃから、「浦島太郎」できめるとのこと。

剥製のカメをひっぱって、浜を歩いていました。

腰蓑もつけて、本当に海から帰ってきた人みたいです。かっこいいなぁ~!

夕陽がとっぷり暮れたころ、浜に太鼓の音が響きます。

囃子は、鉄夫さん。去年と同じ、よく通る声です。

島の人、帰省している家族、踊りを見に来た人、取材陣、島づくりNPOの人、外国人、、、もう、入り乱れています。
子どもたちも、昨年よりも一回り大きくなって、大人の踊り(男踊り、扇子踊り)をしています。

空には満天の星がでて、地上の人を応援しているようでした。
禮三さんのことを思い出すと、ちょっと星が滲みます。
でも、生きている。生かされている、私たちは、ちょっとでも昨年よりは進化しているかな!?

往く人や、来る人との出会いは、本当にいろんなことを教えてくれます。
そんな、島のお盆でした。
島の皆さん、ありがとうございました。