2012/08/10

ここ最近のことなど

ちょっとブログをさぼっていました。

ここ最近のことをさくっとお知らせします。

まず、今年の秦川の企画に向けての準備です。今年11月3日には、池上家が「秦川没後100年祭」をされます。そして、10月6~8日は、作品展とトーク。
昨年のトークから、自分のしたいこと、してきたことなどを手掛かりに、家の歴史と地域との繋がりなどを可視化していきたいと、関わる人の「道草」を遡って辿っています。
その手掛かりとなる、池上眞平さんが子どものころ遊んだ京都を歩きました。

6月3日、初夏の京都は日曜日ということもあり、多くの人で賑わっていました。
岡田毅志さん、伊達伸明さんも一緒に散策です。蹴上のインクラインから出発!南禅寺を通っていきました。
哲学の道を流れに沿って歩く。魚が結構いて、「あれ、なんやろ~?」
流れのほとりには、哲学する猫が。
鹿が谷の法然院まで歩きました。光の作品のように見える山門。
自分が小さかった頃は、どこで何を見ていたのかな~!?
次回は、それを探っていきましょうということになりました。

さて、今年も小学校にアーティストを送り込み、子どもたちと一緒に何か始めて行きましょうということになりました。
まずは、瀬戸内市立玉津小学校へ。
この学校は、今年度で閉校します。地域のコミュニティの核である学校がなくなることは、本当に大変なことです。
妹尾寿子校長先生と、写真家の青地大輔さん、3,4年生の担任の坂手先生との顔合わせ。(6月21日)
子どもたちと、地域の人やもの、風景などを時間をかけて撮っていくことになりました。
学校の近くには、林原(現在は長瀬産業)の恐竜博物館石垣さんがおられる!玉津小学校にも出前授業に来られた!!!!
ということで、会いに行ってきました。


玉津小学校にほど近い、近海塩田跡地の倉庫に、今年3月にたくさんの恐竜の化石を移送したようです。学校にも来ていただこうかな~!?

さて、7月15日には、松山へ!!!
アートプラットフォーム愛媛、NPOカコアのメンバーに会うべく、久しぶりに瀬戸大橋を渡りました。

詳しくは、アサヒアートフェスティバルの企画交流で行って来たので、後日報告いたします。
NPOさなえという就労支援センターのビルの一室の事務局にて、みなさんに会うことができました。
ありがとうございました。
皆さんの夏は、どんな感じですか~!???
8月も、盛りだくさんになりそうです~!こうご期待。(文責:田野)