2011/07/22

学校にアーティストがやってきます!

「アートの力×子どもの力」2011年度も始まりました。

岡山備前県民局との協働で、今年も学校にアーティストがやってきて、子どもたちと一緒に「つくる」ことを体験していきます。

第1弾として 「瀬戸内市立牛窓西小学校×会田大也」

これまで、この学校には甲斐賢治さんが3年間連続で「ウシマトグラフ」という手法で、6年生と映像アルバム作りを行ってきました。
今年は、会田大也さん(山口情報芸術センター:YCAM)が、6年生と一緒に「牛窓の風景を発信」することを行っていきます。

人に伝えたいと思うことやモノってどんなことなのだろう!?自分が感動したり、大好きだったりするものかなぁ!?


といっても、まずは自己紹介を兼ねての授業!

「好きな風景や物を撮ってきてね~」雨上がりの風景を撮影!



「みんなで見てみよう!」デジカメで初めて撮った写真はどんな感じかな!?

「では、2学期が始まったら、本格的にスタートしましょう!」先生方とも打ち合わせしました。アートを通して、子どもの新たな一面をみることを期待されているようです。


最終的な成果は、11月26日の学習発表会で、全学年や地域の人に向けて発表します!
子どもたちは、自分たちが住んでいる牛窓の「どんなところ」や「どんなもの」を発信しようとするでしょうか?
メディアの可能性と、メディアを駆使していく子どもたちの可能性を 会田大也さんを一緒に追いかけたいと思います。