2011/05/11

岸井大輔さんが岡山に来ました

AAFに参加している秋葉原ネットワークのメンバー、「東京の条件」から岸井大輔さんが、岡山に来られました。

53日に岡山駅で合流し、そのまま総社の秦川へ。古い家の中や、裏にある切りとおしや、焼火神社の分社など近隣を歩きまわりました。

そして、翌日(4)は、笠岡諸島にある真鍋島へ。走り神輿のお帰りの神事があるのです。



三洋汽船のなかで、2匹のバグとハグしました!!!


真鍋礼三さんに会いに行きました。今年中に写経1万願が完成するようです。NHKの書道でも、4月に特選に選ばれたとか!


白石島へ移動して泊まりました。「おおっ!弁天島があるではないか!」


翌日は、白石島公民館長の天野正さんと島歩き。
島の自然や歴史など、話しながら歩きます。息を切らしているのは聞き手の岸井さんと田野です~


大玉岩に上がりました。
黄砂でかすんでいましたが、愛媛・香川・広島県の島も見渡せました!!!
でも、実は岸井さんは高所恐怖症!


6月4日()の午前中に、白石島で桑の実を摘むワークショップをします。参加希望の方は、メールにてお申し込み下さい。(定員は特に設けていません。)
さて、今年7月後半からタノタイガさんが制作の為に島入りの予定です。
そして、8月のお盆には恒例の白石踊りです。
岸井さん、また来て下さいね~!!!(この日岸井さんは、岡山から鹿児島へ移動しました。)