2011/05/24

漫画教室が今年もスタートしています!

漫画家を目指す伊丹宏太郎さんと一緒に描く、漫画教室が今年度も始まっています。

伊丹さんは、アートリンクで「ツギウサ」を生みだし、昨年は高松アートリンクにも参加。今もFloridaDavidさんと作品を送り合っています。漫画家アシスタントと、HAOの漫画教室を受け持っていて、ちょっと最近は多忙な様子!(昨年度の漫画教室の風景)


昨年のクラスで描いた力作を1冊の同人誌「まんがの缶づめ」にまとめました。100冊作ったのですが、なんともう10冊しか残っていません~!!!!(御希望の方はメールでご連絡ください。1冊300です。)


現在、第3土曜の午後に4人のティーンエイジャーが、集まってきています。定員は8人としていますので、まだ余裕はあります。

ちょっと嬉しいことがありました。
1年間、一緒に描いていた女の子が、「今年から学校に行け出したんです!」という連絡がありました。学校に行き始めたら疲れるので、今年はHAOの漫画教室はお休みするようです。大好きなことを追及すると、思いもよらない効果も生まれることがある。その朗報に伊丹君と喜んでいます。


雨上がりの県庁通りに日が差してきました。
新しい出会いと出発!爽やかな風が吹いています。



4月から入っている「あたらしい事務所」です~

2011/05/11

「好日宗ノ」お椀で頂いた、秦川での2日間


アートリンク・プロジェクト2009に参加して、度々総社に来ていた、岡田毅志さん。昨年「隠岐の焼火神社の分社が秦川の裏にある」ことを発見し、一緒に見に行きました。なんと、そこは池上秦川が仕えていた、浅尾陣屋の敷地の中。焼火神社は海の神様です。その、陣屋と秦川邸の間には、中国鉄道の切りとおしがあります。明治から昭和の初めには、高梁川の湛井の堰に船で運ばれた物資が、湛井駅から岡山を経由し大阪方面に運ばれていました。まさに、海の道と鉄道の交差点。



「好日宗ノ」は池上春男さん(現在の持ち主のお爺さん)の戒名。秦川邸には「好日庵」という部屋もあります。日々是好日という生き方から、現代社会が忘れたものを辿ってみたい。一方で、日々是好日は真鍋礼三さんの座右の銘でもあります。その偶然から遊んでみたいと考えているのです。




昨年、秦川と言う人物をたどる、池上家の人々のトークを行いました。その家の歴史、お祖母さんの寝物語の記憶などを手掛かりに、岡田毅志さんと伊達伸明さん、2人のアーティストが滞在制作を行います。

浅尾陣屋跡や、裏の切りとおしを見て回りました。



蔵の中から発見した、池上春男さん作の陶芸品で頂くことにした晩御飯。



高梁川の湛井の堰
北前船で運ばれた物資が、高瀬舟でここまで来ていたという場所。



近所の人がハエ釣りをしていました。



10月上旬の発表へ向けて、いよいよ始まりました。それまでに、家や井戸の修理や、お茶会、庭の剪定をしたり、池上さんの家族の思い出を発掘したり、地域の人との出会いや発見が待っていそうです~

岸井大輔さんが岡山に来ました

AAFに参加している秋葉原ネットワークのメンバー、「東京の条件」から岸井大輔さんが、岡山に来られました。

53日に岡山駅で合流し、そのまま総社の秦川へ。古い家の中や、裏にある切りとおしや、焼火神社の分社など近隣を歩きまわりました。

そして、翌日(4)は、笠岡諸島にある真鍋島へ。走り神輿のお帰りの神事があるのです。



三洋汽船のなかで、2匹のバグとハグしました!!!


真鍋礼三さんに会いに行きました。今年中に写経1万願が完成するようです。NHKの書道でも、4月に特選に選ばれたとか!


白石島へ移動して泊まりました。「おおっ!弁天島があるではないか!」


翌日は、白石島公民館長の天野正さんと島歩き。
島の自然や歴史など、話しながら歩きます。息を切らしているのは聞き手の岸井さんと田野です~


大玉岩に上がりました。
黄砂でかすんでいましたが、愛媛・香川・広島県の島も見渡せました!!!
でも、実は岸井さんは高所恐怖症!


6月4日()の午前中に、白石島で桑の実を摘むワークショップをします。参加希望の方は、メールにてお申し込み下さい。(定員は特に設けていません。)
さて、今年7月後半からタノタイガさんが制作の為に島入りの予定です。
そして、8月のお盆には恒例の白石踊りです。
岸井さん、また来て下さいね~!!!(この日岸井さんは、岡山から鹿児島へ移動しました。)

2011/05/10

アートリンク・プロジェクト2011展を開催しました

今年4月に新しい事務所を開設しました。今までいた、岡山市の表町の商店街から出て、県庁前のCOCOというコンビニの入っている「内山下ビル」の3階にいます。図書館や岡山城がすぐ近くで、考えたり、空想したり、散歩したりするには格好の場所です。新緑がきれいですので、お近くにお越しのときには是非お立ち寄りくださいね。

さて、そんなこんなで、引っ越しで久しぶりのブログです。しかも、投稿が田野なのでうまくいくかしら!?
まずは、3月の展示の報告をします。5月の連休にも素敵なアーティストたちとの交流があったので、これも後日早目にアップしますね。


アートリンク・プロジェクト2011
会期:2011322日(火)~27日(日) 10001800(最終日は1600まで)
会場:岡山県天神山文化プラザ 第3展示室(岡山市天神町8-54
■参加アーティスト
小池祐弥+湯月洋志  
嶋田美宏+丹正和臣
延谷大和+蛇谷りえ  
片山雄司+森本アリ 
山本真子+松岡映里





会期中はlive公演:片山雄司+森本アリ「ロックス・アートリンクス」
それぞれのペアによる作品解説や、延谷大和+蛇谷りえさんによる、ワークショップがありました。




道端に落ちているものを採集した嶋田くんと丹正さんの2人のトークでは、笑いがこみ上げるシーンも!


子どもたちよりも苦戦した、延谷くんと蛇谷さんのワークショップ!レゴを持って街の撮影!



現在、HAOプレスVol.8を編纂中です。(2011年6月初めに発行予定)

アートリンク・プロジェクトを岡山で始めて6年が経過しました。アメリカフロリダ州セントピーターズバーグ市内のNPOクリエイティブクレイで行われているアートリンクと交流を続けています。これまで相互に行き来して、作品展やフォーラムを行ってきました。市民レベルの交流ですが、一個人のアーティストが地域の障がいのある人と出会い、関係性から作ってきた作品や、あるいは関係性が構築されていく過程そのものがコミュニティに、新しい価値として還元されていく過程を見てきました。その姉妹都市の高松でも、2010年「瀬戸内国際芸術祭2010」の連携イベントとして開催されました。(こちらの記録集はHPにてアップしています。)