2011/02/11

白石島タノタイガさん滞在制作の様子

下記で紹介した笠岡諸島文化祭3での、アーティスト、タノタイガさんの滞在制作のレポートです。
(タノタイガさんにハートアートおかやまが制作をお願いするのは、昨年の子どもとアーティストの出会いで上齋原小学校でワークショップをして頂いた以来です。
今回、タノタイガさんは白石島に9日間滞在し、本格的な夏の制作に向け、リーサーチから制作プランの組立、マケット制作を行いました。
白石島に来たのは初めてというタノタイガさん。島の中を歩きながら、観光名所を回ったり、島の方とお話したりしながら、まず最初にタノタイガさんが行きたいとリクエストした場所は「海苔の加工場」。
海苔の養殖と加工は島の産業の一つです。この海苔の養殖は、笠岡諸島の白石以外の島でもこれまでは行われていたそうですが、海の栄養分が減り、色の良い高く売れる海苔を作るのが困難になったことから、今は白石島でしか行われていないそうです。
上の写真にある海苔は、色が薄いことから、商品としては出荷出来ないそうです。こうした、出荷出来ない海苔を何かに使えないか?という話になりました。
島には、ホームセンターもコンビニもありません。何かを作り始めるには、島の中から使える素材を集めます。今組んでいるのは、葦です。
滞在中に、節分の日を迎えました。島の節分は、ハート・アート・おかやまのメンバーも初体験です。写真をよく見て貰うと、大きな数珠をたくさんの人が円になってまわしています。中心では、ゴマの葉を焚いてます。
その後は、豆まき。袋に入った豆には景品名も書いてあり、後から景品と交換出来るという事もあり、大賑わいです。
タノタイガさん、果物ナイフをゲット。中西屋の女将さんは、大きなくまでをゲットしていました。
さて、島の行事と並行し、タノタイガさんは海苔という素材と格闘中です。伸縮性が激しく、乾きにくい、湿気が多いと腐ってしまうという非常に難しい素材。約3日ほどは、海苔と格闘。
煮る、型にあててみる、水でくっつけてみる、卵白でくっつけてみる、体に張り付けてみる…などなど、いろいろな実験を繰り返していました。
2011年夏には、この白石島の海苔を使ったタノタイガさんの作品が発表されます。どんな作品になるか楽しみですが、この海苔の行方を海苔の加工場で働く方たちもとても楽しみにしてくれています。夏の滞在日程については、詳細が決まり次第UPしていきます。