2011/10/22

「池上遊覧鉄道」展が終わりました


「池上遊覧鉄道」
2011年度アサヒ・アート・フェスティバル参加事業  Artlink2011日々是好日

会場:岡山県総社市門田491 池上秦川邸
会期:2011108日(土)~1016日(日) 11時~18

 池上秦川とは、江戸末期に大分県日田の広瀬淡窓がひらいた咸宜園で学び、帰郷後浅尾藩の薪田大名(旗本)の蔵元の就き藩校集義館の文学教授となり、明治維新後は、「大日本租税誌」の編纂に関わった人物。文学と経済学の視点から地域振興を行った池上秦川の邸宅(総社市門田)が展示の会場です。雨水を飲みにヤマバトが飛来!

この展覧会では、二人のアーティスト:伊達伸明と岡田毅志により、池上家の中を架空の路線が走りました。座敷やお茶室。庭の小川や鴨居の額縁。南北神線はなんと家屋を飛び出し、隠岐の西ノ島まで。その車窓の風景は、池上家の歴史や大切にしていたものの気配や他地域との繋がりというように、時空を超えた世界が広がっていました。




そして、実際に会場内の駅舎に配置してあるスタンプを押しながら巡ることもできました。鉄道の車窓風景を手繰りながら、家の中を回っていきます。上の写真は、名勝「宗ノ川」。

近所の方は、「ここで七五三のお祝いをした」「疎開中にここでお茶を習った」「ここの庭で遊んでよく叱られた」「お祖母さんが優しかった」などと、思い出を話しながら歩きます。


実は2010年の春、池上家の人たちと家族の歴史について記憶を遡りつつ語らいました。お婆さんの寝物語、お祖父さんと焼いた茶碗、家族旅行の写真。自分の五感を通して感じる時間の尊さ。
あふれるほどの情報に囲まれて生きている私たちは、その状況に慣れることと引き換えに、感じる時間や自分自身の感覚に基づいて考えることを失いつつあるのではないか。 “利便性をもたらす科学技術の進化と人の内面の進化のバランスの崩れが招いた現代社会の歪”や“ともすると薄れている人と人との関係性”の改善のヒントが、個を超えた記憶の振り返りを行うことで得られるように感じられる。これは人の内面の進化が目指す明るい未来(ピーター・ラッセル氏が提唱するWhite Hole In Time)に向けての小さな一歩となるかも知れないと。



宗ノ茶会:108日(土)15日(土) 宗ノ作(故池上春雄さん創作)のお抹茶碗でお茶を振る舞いました。甘味は、地域に伝わる備中白小豆のぜんざい。近所のお母さんたちは「ぜんざいっておめでたいときによばれるものよね~」と喜んで下さいました。


池上会議:109日(日)
「家族の歴史と地域再生~私事とpublicの交差が生み出すもの~」

家の歴史、個人の好きな物や事を追及して行くと、それは公共にも通じるのではないか!?


つい先月まで、富士フィルムに在籍していた当主の池上眞平さんが話します。「それぞれが全く違ったバックボーンで生きてきているが、共鳴するものを感じると。皆さんに家を使って頂いて、家に命が蘇ったような感じがする。
以前、ア―ヴィン・ラズロの話を聞いたことを思い出した。
視点を変えると、家の過去のものが新鮮に見えてくる。先祖の人達が残したものを掘り起こしてくれてありがたいな。親戚の人にも見て頂きたいなと思います。」

芹沢高志さん
「もともと建築に関わって来ていて、都市計画的な興味から大分県別府に入り込み、美術展をしていきながら地元の壊れ行く建物と現代美術の関係を探っています。鉄道ということで、既存の繋がりを新しい視線で見せることをしているのがいい。」(ちょっとべた褒め!)「池上さんがラズロのことを持ちだしたけれど、僕がかつて研究して編集するときにラズロの本に行きあたったんです。また、これはくっつくなぁ~!」


松浦道仁さん(島根県隠岐諸島の西ノ島にある焼火神社宮司)
「自分の仕事が公の場に出ることにちょっと驚いたんです。なんだか自分個人の取っておきたいようなことが、作品に通じるところに興味がある。」
トークの後は、総社の街のガイドをしている浅野さんに近隣ツアーにご同行していただきました。


最終日は、近所の総社宮の秋祭りでした。

明るい陽光にあふれ、古くから国のまほろばとして栄えてきた吉備の総社で展覧会を開催できましたことを大変嬉しく感じています。本展示を通して、文化の魅力と人々の息づかい、そして新たな出会いが生まれました。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

2011/09/21

電車カメラと佐藤時啓展

岡山市内の旧日銀跡ルネスホールに今年開設された、「ルネス金庫棟ギャラリー」で、佐藤時啓展 「光‐呼吸」―PhotoRespiration― を開催しています。
会期:2011年9月14日~26日


まさに、会場は「元金庫」だけに、頑丈です。
そこここに、かつての銀行の痕跡があります。

これは、第9回おかやま県民文化祭「地域フェスティバル「文化がまちに出る!プロジェクトin備前」に参加しているプログラムです。
岡山では、昨年は国民文化祭が開催されました。そこで、ハート・アート・おかやまは、三友周太さんと岡山市内を走る電気軌道を電車カメラとしてワークショップしたのが今回の展示にいたるきっかけです。

「光―呼吸」と題される長時間露出の写真作品で知られる佐藤時啓さんは、各地で「バスカメラ」を展開してきました。岡山では、人と人をつなぐ路面電車を遮光してレンズを着け「カメラ」にしました。
お借りするのは、タマちゃん号。


岡山駅から東山まで延びる路面電車「東山線」の沿線には、緑豊かな西川緑道公園や、高層マンション、岡山の文化の拠点である城下エリア、旧日銀跡のルネスホールなどと、岡山の歴史や文化の今昔を見ることができます。そして、クランク状に旭川を渡っていくと城下町の時代をしのぶお寺や東山公園もあります。


仕込み作業は、夜の車庫で。三友周太さん!作業が早っ!!
台風の影響で、もの凄い大雨でした。「明日は、大丈夫かなぁ!?」



明るい陽光にあふれる「晴れの国 岡山」とはいえ、台風接近による雨模様の1日目(9月17日)
佐藤時啓さんも、一緒に電車カメラに乗って岡山を回遊。
「雨の日の墨絵のような世界をお楽しみください~」
「軌道の上はなめらかな走行で、気分が良いねぇ~」




そして、奇跡的に晴れた2日目(9月18日)
「やっぱり、太陽の力はすごいねぇ~」子どもたちよりも大喜びの佐藤さん!





作品展示会場では、佐藤さんによるフォトグラムワークショップや作品トークも行われました。

子どもたちも、写真大好きな大人たちも、中庭の日差しの中でいろんな光の世界を切り取っていきます。

久しぶりに参加の海くん!
葉っぱを真剣に並べている。



「ちゃんとできたかなぁ!?」


トークでは、作品をつくって来られたこれまでの経緯や、現場でのエピソードも公開。

さらに、今年の取手での「ガスタンクカメラ」10月公開の「横浜トリエンナーレ」へ向けたお話も。

本当に、いい時間を共有できました。






私が初めて8×10カメラという大型カメラのかぶりをのぞいたとき、レンズから入った光が倒立像となってきらきらと輝くさまに魔法に引き込まれるような感動を得ました。その後写真表現にのめり込んでいく私にとって、写真はその仕組みや成り立ちそのものが新鮮で様々な驚きを与えてくれました。「光呼吸」シリーズは私が1枚の鏡を持って風景の中を歩き回り、カメラに向かって太陽を反射させることを繰り返す。そして減光フィルターをつけたカメラのシャッターを1時間ほど開け放し写すと、私の姿は映らずに強烈な陽光のみが風景とともにフィルムに焼き付けられるという作品です。(佐藤時啓)




科学の進歩により、当たり前のようにカメラを携帯する私たちの現代生活。
でも、光をとおして見る自分たちの街や空気感。
デジタルでは味わえない時間を過ごしました。佐藤時啓さん!!ありがとうございました。





主催:岡山県、文化がまちに出る!プロジェクトin備前実行委員会、
おかやま県民文化祭実行委員会、NPO法人ハート・アート・おかやま
共催: NPO法人バンクオブアーツ岡山
協力:岡山電気軌道株式会社
後援:山陽新聞社、RSK山陽放送、エフエム岡山、OHK岡山放送



2011/08/16

海苔は海へ帰ったのか?

白石島に滞在していた、タノタイガさんの「海苔の舟」のその後の報告を一気にします。

2011年8月!夏が巡って来た!!

海も空もスカッと真っ青!!!!

今日は、スタッフが多く滞在。タイガさんの制作現場へ。湯月さん、松本くん、松岡さん!こんな海水浴日和に、ありがとうです。
回漕店横の、庄屋さんの松浦邸のお座敷には、骨格が出来てきた舟が!

今日は、船底をつくろう!垣根越しに、いろんな人が見て行きます。

舟に貼りつける海苔も、漁協から届きました。「たくさんあるなぁ。」半年前のショートステイのときに、商品にはならないけれど、この船のために「色止め」をしてくれていたのです。

ちょっと、いい感じになって来た! フェリー乗り場で、実験してみよう!でも、これ内緒よ!
そ~っと、そ~っと!!!
「おお~っ!!!!浮いた!!!」


白石島で「Moooo Bar]を経営する、Japantimesのエイミーさんがやって来ました。
白石の海苔は美味しいね~!で、何なに???色が良くないとはじかれた商品価値の無い海苔を買い取って、それで舟を作って、福山(白石で獲れた海苔を加工している工場がある対岸の街)まで行くですって!???なんて、面白い!と、ものすごく反応しています。

記事もかいてくれました!内容は、下記にアクセスしてみてください。
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20110813cz.html

作業は順調!おやつは、やっぱりかき氷!アレ?タイガさん今日はソフトクリーム?

そして、日にちはめぐり、いよいよ大詰めの「海苔」を貼っていく工程です。

次々に舟に貼られる海苔!夏の日差しに反射してきれいです。
実は、島では「金箔を貼っている」なんて話も出ていたとか。

海苔貼り作業は、地味ですが、とっても重要な仕事!赤田さん、丹正さん、松岡さんの流れるような連携作業!続く続く・・・・

そして、8月12日!ついに完成! 「明日、これで福山へ行くのだ!」



明日、うちの前通るのは何時かなぁ!?と、食堂をしている、みゆきさんが来ました。
足の悪いご主人と、家から見るということ。「大人が、こんな船を本気で作って浮かべるなんて、本当に楽しいわぁ~!!」と、しばらく話しこみました。いやぁ、こちらの方が嬉しい!


8月13日午前10時:松岡映里さんの海苔が海へ帰っていくのをお祝いするワークショップです。
海苔飴づくり、海苔の佃煮とアボガドのつまみも!おいしい!!!!


午前11時12分:着々と帰省客は島に帰ってきます。今日も臨時便の運航!「あっ!!!横浜から橋本さんたち、秋葉原から岸井さんたち!」

午後1時 いよいよ帆柱もたて、出発!

弁天島の横を通り

無事を祈願し



午後1時30分  着水! 

いざ、出港!福山までは16キロです。 ライフジャケットを着て、地元のシー君こと原田茂さんにいただいた、金毘羅さんの旗をつけて、「いってらっしゃ~い!」
金毘羅さんは、言わずと知れた「海の神様」


ところでタイガさん、舟の上で何していたの!?
「うふ、ビールを飲んでました!」

舟は進む!海苔の帆は風を受け!!!航路は風まかせ。でも、ちょっと人に泳いで押してもらいました~


海苔が海へ溶けて、骨格だけ残った舟。そのバラシの作業を島にいる子どもや、帰省中の子どもたちが大勢手伝いに来てくれました。
片付けの終わった翌日からは、「本気の海遊び」


白石島のみなさん、島に帰ってきていたみなさん、大阪からキャンプで滞在中の子どもたち、愛車Harleyに乗って「彼のオートバイ、彼女の島」の舞台・白石島に着いていた方、夜な夜なMoooobarに集まって飲み続けた島の男たち、シー君、ター君、ポールさん、エイミー、だいちゃん、、本当にありがとうございました。

タノタイガさん、3週間の滞在お疲れ様でした。そして、男気溢れる作品をありがとうございました。島の「まだまだいける」おじ様たちを大いに刺激してくれました。


お盆です。公民館の前のやぐらの周りには、大勢の人。
鉄夫さんの口説(歌)、与三郎さんの太鼓、天野正さん、みずえねぇさん、秀さんらの顔なじみや、帰省している家族、親戚、観光客らで賑やかです。

私たちも交じって、白石踊りを踊っていると「海苔の舟は、沈むかどうか、気になって寝られんかったんよ~」「今度は、何を始める!?」と話しかけられました。
海があって、岩山があって、穏やかに生きる人がいて、浜で生きる人がいて、海の向こうから帰ってくる人がいる。「祈り、学び、ケア」のある白石島。ここで過ごせた時間は、本当に珠玉の時間です。