2010/12/24

白石島文化祭2 〜桑茶のパッケージをつくろう!〜

島で過ごしたそれぞれの時間をお茶のパッケージにするというワークショップを行いました。

初めてデジカメを持つという与三郎さんや元気な子どもや、桑の取り入れを行ってきた人たちが集まりました。

カメラの使い方を習って、島のあちこちに出かけて行きました。自分の畑、いつも通る路地、港や海、陽だまりの猫や鳥。
白石島で過ごした思い出、島の匂い、島の音や人との会話、島の空気・・・、島のひとときが詰まったお茶として、新しいお土産になりそうです。
《白石日和茶のパッケージより抜粋》

しらいし日和茶  風景を育む桑のお茶
暖かい日差しの降り注ぐ瀬戸内の笠岡諸島にある白石島は、古くから風待ち潮待ちの島として多くの船が行き交いました。約300年前の江戸時代に、先人たちは干拓をして畑を作り、昭和の始めまでは半農半漁で豊かな循環型の生活が営まれていました。白砂青松、白い御影石がそそり立つ白石島は国立公園です。
 少子高齢化が深刻とされる瀬戸内の島々。しかしそこに生きている人たちは、豊かな文化と自然に囲まれ生き生きと暮らしています。美しい風景を次世代に繋げていきたいと、数年前から、耕す人の居なくなった畑の草を刈り、島に自生する桑の木からお茶を作り始めました。
真夏の太陽のもと、早朝から桑の葉を刈り、丁寧に洗い、乾燥させていきます。道具は島にある桶だったり、砕石工場後の倉庫だったり。島にあるものを最大限に活用しています。「白石のきれいな風景を伝えたい」という島の人の思いから始まったことが、桑の植物の生命力と相まっていきます。そんなパワーを伝えたいと思いました。
白石島の風景に出会った人の数だけ、風景から連想される思いや言葉があるように、多様性を繋ぐきっかけとして、私たちハート・アート・おかやまが桑茶のラベルを一緒に考えていきました。
この一杯のお茶が、美しい瀬戸内の島を育てていきます。