2010/12/24

白石島文化祭2 〜桑茶のパッケージをつくろう!〜

島で過ごしたそれぞれの時間をお茶のパッケージにするというワークショップを行いました。

初めてデジカメを持つという与三郎さんや元気な子どもや、桑の取り入れを行ってきた人たちが集まりました。

カメラの使い方を習って、島のあちこちに出かけて行きました。自分の畑、いつも通る路地、港や海、陽だまりの猫や鳥。
白石島で過ごした思い出、島の匂い、島の音や人との会話、島の空気・・・、島のひとときが詰まったお茶として、新しいお土産になりそうです。
《白石日和茶のパッケージより抜粋》

しらいし日和茶  風景を育む桑のお茶
暖かい日差しの降り注ぐ瀬戸内の笠岡諸島にある白石島は、古くから風待ち潮待ちの島として多くの船が行き交いました。約300年前の江戸時代に、先人たちは干拓をして畑を作り、昭和の始めまでは半農半漁で豊かな循環型の生活が営まれていました。白砂青松、白い御影石がそそり立つ白石島は国立公園です。
 少子高齢化が深刻とされる瀬戸内の島々。しかしそこに生きている人たちは、豊かな文化と自然に囲まれ生き生きと暮らしています。美しい風景を次世代に繋げていきたいと、数年前から、耕す人の居なくなった畑の草を刈り、島に自生する桑の木からお茶を作り始めました。
真夏の太陽のもと、早朝から桑の葉を刈り、丁寧に洗い、乾燥させていきます。道具は島にある桶だったり、砕石工場後の倉庫だったり。島にあるものを最大限に活用しています。「白石のきれいな風景を伝えたい」という島の人の思いから始まったことが、桑の植物の生命力と相まっていきます。そんなパワーを伝えたいと思いました。
白石島の風景に出会った人の数だけ、風景から連想される思いや言葉があるように、多様性を繋ぐきっかけとして、私たちハート・アート・おかやまが桑茶のラベルを一緒に考えていきました。
この一杯のお茶が、美しい瀬戸内の島を育てていきます。

2010/12/22

白石島文化祭2、明日から開催!

12月23日(木)〜12月26日(日)
会場:白石島

夏に開催した白石島文化祭の第二弾を開催。
湯月洋志+丹正和臣+天野正+田野智子による4日間限定の島の図書館「しらいし文庫」や、島で作られた桑茶のオリジナルパッケージを作る「マイパッケージ」、松岡映里+山本真子によるアートリンクプロジェクト「白石島を遊ぶ」、夏に引き続き白石島の古い写真や映像の上映会などを行います。
(詳細Webサイトにてチラシをご覧下さい。→こちら


《チラシより抜粋》
2010年師走。今年も様々な人に出会い、溢れるほどの情報を浴び、いろいろなことがありました。瀬戸内の冬は夜空がきれいです。凜と澄み渡る空気の中で、感じる時間や自身の感覚を振り返る時間をつくります。
潮待ち、風待ちの島で、繋がりのキーワードから、人と人、人と地域、人と自然が交歓することを海の歴史や人の暮らしから見ていきましょう。

モモピク新企画スタート!


先日完成したばかりの2010年度モモピクを使い、新しい企画をスタートする事になりました。
その名も、「モモピク一人旅」

この企画は、これまでの活動で出来たネットワークを活かし、モモピクを旅に出し、現地の食材を使って交流してもらおうというものです。

その第一弾として、「中学校を美術館にしよう」という合い言葉に2004年から長野県ではじまったアートプロジェクト「とがびアートプロジェクト」へ旅だったモモピクが、なんと、「野沢菜とナスのおやき」に変身した模様!

その様子を、とがびアートプロジェクトの中平先生がブログにUPしてくれているので、是非ご覧下さい。

長野はアンズの名産地なので、アンズでも出来るかもという話も出てきたそうで、今後の展開も面白くなりそうです。

モモピクは、静岡、沖縄にも旅に出ています。次はどうなるのでしょうか!楽しみです。


※2010年、新作のモモピク注文はこちらから

牛窓西小学校in甲斐賢治 WS開催


1214日から17日の4日間にわたり、牛窓西小学校で甲斐賢治さんによるワークショップを行いました。

2008年からトヨタ自動車株式会社助成による「子どもとアーティストの出会い」で、年間3校の小学校にアーティストを派遣してきましたが、今年度はその拡張版として、岡山県備前県民局協働事業とトヨタ自動車株式会社助成による「アートの力」×「子どもの力」というプロジェクトが進んでいます。
牛窓西小学校での甲斐賢治さんのワークショップは、今年で3年目になります。
甲斐さんのワークショップは、一人に一台、ビデオカメラを持ち、カメラの使い方を教わることから始まります。
毎年、6年生を対象としており、最終的には、自分たちで撮影した映像で、ビデオ卒業アルバムを作ります。
初日は、学校の中の気になる場所を一分間撮影したり、2人組ペアになり、卒業アルバム用の動画を撮り合いました。
2日目に、学区内の好きな場所についての作文を書き、3日目の放課後にその場所へ行き、風景を撮影しながら作文を読みました。これらの映像も入ったビデオ卒業アルバムが、卒業式の日に全員に配られます。
 3年間継続して行っているワークショップなので、最初に参加した6年生は、来年は中学3年生になります。ワークショップに参加したこども達のその後の話や、今後の展開など、気になる話題もちらほら出ていました。


「アートの力」×「子どもの力」では、
2月末発表 藤野小学校×湯月洋志
2月末発表 中央中学校×森本アリ

2つのワークショップの発表を行います。詳細決まり次第HPに掲載します。