2010/09/29

白石島文化祭~本番レポートno.2~

レポートno.2では、イベントの紹介をしていきます。
まずは古い写真や8mmを見るイベント。9/24日14:30-15:30に行われた、「白石島の記録と記憶~ひとむかし前の風景と今の私~」の様子です。

家が取り壊される時に、古い写真が出てくると必ず取りに行き、デジタル化している公民館長の天野さん。
今回は、公民館が所有している古い写真と、かつて白石島にも造船所があり、その新造船おひろめの8mmフィルムを見ることになりました。場所は、開龍寺を使わせて頂きました。

たった一枚の写真でも、当時のことを良く知る人たちが集まると、30分くらいは続くのだからスゴイ。
天野さんも、「この企画は、何度かやりたいですね。」と、次回の構想を練っていました。

ハート・アート・おかやまと白石島は、3年前(2008年)のアートキャンプをきっかけに交流が始まりました。その時から、毎年かかさず行っているのが地曳網。
ハート・アートの活動にとって、『食』は大きなキーワードです。目の前の海で獲れた魚を、自分たちで捌いて食べる体験は、何度経験しても良いものです。
最初、網を引く人数が少なく、漁協のおじさんから、「これじゃ、網は引けんから、とにかく島におる人集めてこい!」と言われ、ここでも公民館長の天野さん登場。原付バイクで島を走りながら、助っ人を沢山呼んで来てくれました…。
捕れた魚は漁師の方が丁寧に説明してくれました。写真左の大きな魚はチヌ(黒鯛)。この日は大漁だったとのこと。
捕るだけでは終わりません。捕った魚は自分たちで捌いて、BBQ。獲れたての刺身は別格ですよ!

『食』にまつわるイベントはあと2つ。
影絵の本番後に公民館前で行われた「Barしらいし」。ここでは、白石島で自生する〝いちじく〟を使った料理やお酒が楽しめるようになっています。

なんと今回は、隠岐の島からあわびも到着し、白石島いちじくと隠岐の島のあわびを使った料理まで登場。

Barしらいしでは、島の人と、外から来たお客さんとでトークをする「シマポジウム」を開催。夕暮れ前の公民館。最高のロケーションです。現在白石島では、実生する〝くわの葉〟を使ったお茶を作っています。そうした、今、動き始めていることについても、お話して頂きました。
文化祭最後に行われたのは、「もちつき」。
何故もちつきかと言うと、文化祭準備中に、「白石踊り」で有名な白石島には、踊りのくどき以外にも多くの「唄」があることを知りました。
その中に、もちつきの時に唄う「もちつき唄」もあり、文化祭の最後を締めくくるイベントとして、もちつきと唄を一緒に体験してみようという事になったからです。
文化祭のお客さん、たまたま観光に来ていた外国人、参加アーティストから島の人や子どもまで、順番にもちつきを体験。

(↑もちつき唄を披露してくれた哲夫さん。ありがとうございました!)
島に滞在していろいろなお話を聞いていると、「昔話」や「食」、「唄や芝居」など、白石島にまつわるキーワードは沢山出てきます。それは、島の人たちにとって宝物であると同時に、外からやってくる人にとって、とても魅力的なものだと感じた。

様々な世代や文化が入り混じる、本来「潮待ち、風待ち」として栄えた白石島ならではの文化祭が終了しました。
皆さまのご協力ありがとうございました!

尚、今回の白石島文化祭は、次号HAOプレス07にて特集しますのでお楽しみに!

レポート:湯月