2010/08/26

高松アートリンクプロジェクト



高松アートリンクプロジェクトがスタートしています。会場は、高松駅から徒歩1分、サンポート高松1F展示場。(10:00-19:00)


23日(月)には、高松市の市長によるテープカットも行われました。展示は、29日(日)まで。


《シンポジウム》
8月28日(土)
■14:00-14:40 播磨靖夫(財団法人たんぽぽの家理事長)×田野智子(NPOハート・アート・おかやま代表)
15:00-16:00 参加作家フリートーク


詳細→http://www.heart-art-okayama.net/2010-1/高松アートリンクプロジェクト/

2010/08/20

島の文化祭〜準備期間/夏合宿編④

15
今日の朝は、そうめん流し班とトレッキング班の2班に分かれました。
ちなみに起床は6:00…。白石に来ると、自然と朝が早くなります…。
そうめん流し班は組み立て後すぐに調理開始。昨年からいろいろとお世話になっている原田さんが準備を手伝ってくれ、手作り流しそうめん大会がスタート。
そうめんだけでなく、中西屋特性の〝焚き込みご飯〟と、〝小魚の天ぷら〟つき。豪華です!
 先日同様沢山のかたが集まってくれました。ありがとうございます。夜は白石踊りです。
公民館で踊るのは今日で最後。島の中からも外からも大勢の人が集まっています。昨日は見学だけだったデビッドさんも今日は参加。合宿参加メンバーも次々と踊りをマスターしていきます。それにしても今回の参加者は踊りが上手です…。

16
朝は、〝島トーク〟と題し、島の方にお話を聞くイベントを行いました。今日は、白石踊りのくどき(唄)をしている中塚さんにお越し頂き話を聞きました。
白石島にあるいろいろな唄を次から次に歌ってくれる中塚さんの迫力とサービス精神にみんな圧倒されています。
 また、普段はアートリンクセンターで行っている伊丹宏太郎君のマンガ教室もおこないました。
その後、島弁を食べ、中西屋のお父さんの船で島を一周するツアーを急遽開催。船でしか行けないビーチで泳ぎました。
 今日はイベントが続きます。
 ハート・アート・おかやまの田野、湯月、丹正によるトークを行いました。何故〝島の文化祭〟に至ったか、これまでの関わりをお話しました。
 食後は灯籠流しと白石踊りです。
 なんとなんと、今日はデビッドさんの誕生日合宿中でもっとも長い一日の締めくくりは誕生日会で幕を閉じました。 

17
本日は桑の葉体験と元禄綿体験。桑の葉茶を作る作業も今日で3回目なので、少し手際もよくなってきたようです。
元禄綿体験では、白石島にある折り機を使い、約20分で一枚のコースターを織る事が出来ます。
昼食はバーベキューを食べ、海でひと泳ぎ。今日は10人近い参加者が帰宅するのでお見送りをしました。合宿も残り一日。

 18
いよいよ最終日です。今日は朝一からトレッキングをし島弁を食べ、開龍寺を巡り島の最後を締めくくりました。
約10日間に渡る合宿。次は島の文化祭に向けて準備が始まります。

このブログは引き続き島の文化祭まで続けていきます!

2010/08/17

島の文化祭〜準備期間/夏合宿編③〜


4日目、5日目、6日目

12日
昨晩、レーズンパンを焼いて島の方に食べて頂くと、白石で採れた桑の実を乾燥させたものを頂き、
「是非これでも作ってよ」とリクエストを頂きました。
早速試作。これが、レーズンパンより甘みが口にひろがり、おいしいのです!

そうこうしていると話が盛り上がり、合宿中に島の人達と食体験をする企画を立てはじめました。

昨年、アーティストの丹正さんが作品の中でおこなった「そうめん流し」がすぐにリクエストで上がり、もうひとつは白石島にある「はと岩」にみたてた、「はと岩パングラタン」に決定。

夕方には、島の文化祭で影絵を作成するウロツテノヤ子バヤンガンズの小谷野さんとお手伝いに来てくれた奥山さん、アサヒビールの根本さん、が到着。
全日までの、夏休みモードから少し切り替えて島の文化祭準備モードに入ります。

13日
早朝7:00から流しそうめん用の竹を切りに行きました。日中の作業は直射日光を浴び危険なので、外での作業は基本的に早朝か夕方に行います。昨日印刷したチラシの張り出し、配布しました。

のぼりも到着。さっそく船付き場に立てさせてもらいました。

夕方からは白石踊りです。12種類の踊り方がある白石踊り。まずは、基本になる「ぶらぶら踊り」をマスターし、その後それぞれが色々な踊りを体験しました。
また、高松アートリンクプロジェクトに参加アーティストのデビッドさんも来日後、白石島に合流しました。
14日は、「はと岩パングラタン」を作るです。白石島にあるハト岩にみたてた食パンの中は…あけてびっくり、グラタンが入ってます。
島の人達も大勢集まってくれ、公民館前に机を出し、楽しく会話をしながら食事しました。

夕暮れ時、廻漕店横の休憩所で公民館長の天野正さんから、今の島について紹介して頂くトークを行いました。

夜は昨日を同じく白石踊りに参加。白石踊りは、13日〜16日まで続きます。明日は、「そうめん流し」です。
踊りの途中に、子ども達から「明日、そうめん流しなんじゃろ?」と聞かれました。明日も沢山来てくれると嬉しいです。
レポート:湯月

2010/08/11

島の文化祭〜準備期間/夏合宿編②〜






8月10日(火)、11日(水) 2日目と3日目

2日目は早朝からトレッキング。約30分山を歩くと、瀬戸内海を一望出来る展望台にたどり着きます。


午後から新たな参加メンバーも加わり、炎天下のもと海で思いっきり泳ぎました。


その後、夕日を眺めながらのバーベキュー。今回は家族連れの参加者も多く、夏休みを満喫しています。
 バーベキュー後は満喫気分を切り替えて、文化祭の準備中…。のぼり、チラシのデザインがほぼ出来ました。近日公開!
3日目も、引き続き夏休み気分が続きます。朝から釣り三昧。
お昼前に、田野さんが試作でパンを焼きました。この試作が何になるかは、お楽しみに!
食後、昨日からのお客さんは帰宅。昼から夕方にかけては、古いハギレを頂いたり、桑の実を頂いたり、前回に引き続き桑の葉茶を作るお手伝いをしました。
早速次回の作業日も決まり、ちょとした島の助っ人になりつつあるのか!?
ちなみに、このハギレや桑の実も、文化祭へと繋がるキーワードになっていきます。

レポート:湯月









2010/08/10

島の文化祭〜準備期間/夏合宿編〜

8月9日(月)初日
今年も、やって来ました夏の白石島。810日から10日間続く
『つくりてと出会う夏〜1Artlink ことごとく皆宜し〜 そうだ!行こう合宿!白石島をあそぶ!』が始まりました。

昨年、白石島と真鍋島でアートリンクの展示を行った事もあり、島を歩いていると「今年も何かするんね?」と声を掛けてくれることがあります。

「はい!今年も何かやるのです!」今年は、924日〜26日にかけて、ハートアートおかやまと白石島公民間がタッグを組み、島の文化祭を企画していきます。
 この合宿は、その準備期間でもあります。
また、島の日常や盆踊り(白石踊り)を体験したり、島食体験、島の方の話しを聞かせて頂く企画もあります。今日は、島に自生する桑の葉を使った“お茶の葉”作りを体験させていただきました。作業開始は早朝7:00

現在では使われていない石の加工場を利用して、採ってきた桑の葉を洗い干しています。海の真横、風通しの良い素敵な場所です。

ハートアートのメンバーは全日入りしたのですが、もう一人、現在アサヒアートフェスティバルの企画間交流で全国各地を移動中の佐々木さん(空間実験室:青森)も白石島に合流し、一緒に桑の葉茶のお手伝いをしました。

夜には、白石踊りの練習に参加させて頂いたり、公民間長天野さん作の海ホタル捕獲装置を仕掛けたりと、早速島を満喫しています。

さて、文化祭まであと一ヶ月ちょっとです。一つ一つの体験から、文化祭を作っていけたらと思います。

レポート:湯月