2009/12/26

《子どもとアーティスト》見るってことを考えてたvol.2

「見るってことを考えてた」牛窓西小学校×甲斐賢治
昨年に引き続き、瀬戸内市立牛窓西小学校に、アーティスト甲斐賢治さんと蛇谷りえさんがやってきました。
ワークショップは6年生を対象とし4日間行われました。
ビデオ卒業アルバムの制作や、カメラを持ち帰り、自分の○○な場所を撮影してくるウシマトグラフを行い、二学期が終わる24日に保護者や地域の人と鑑賞しました。
↑出来上がったビデオ卒業アルバムは、1人1枚配られました。

《倉敷ジャム》綿をテーマにした作品展

12月19日、20日に行われた倉敷ジャムに参加しました。白石島での民具展をきっかけに、綿と関わる事になり、(田野智子、真部剛一『綿の鼓動』)という作品がうまれました。
↑約200Kgの綿を敷き詰めた部屋に、昔の倉敷紡績の研修で使っていたスライドが投影されています。
↑昔使われていた弓を使い、綿打のパフォーマス
(三宅典子『モニカちゃんの小部屋』)↑綿や布を使った極彩色の小部屋
(五味文子『I to 0000』)↑横糸に作家やお客が様々な物を織り込んでいきました。
二日間という短い展示でしたが、繊維工業にによって発展した倉敷の町で、展示に参加する事が出来、改めて日本の文化を考えるきっかけになりました。

2009/12/25

《国際交流》報告会

23日の土曜日、アートリンクセンターにてフロリダでの活動報告会が行われました。
伊丹、真部ペアは、クリエイティブクレイのメンバーとのコラボレーションのエピソードや、2008年にアートリンクのペアを組んだフロリダのアーティスト、デビッドさんとの新作について等話してくれました。
文香、湯月ペアは、フロリダで作成したトランプの紹介や、文香ちゃんがフロリダ滞在中につけていた日記を新たに筆で書き直した作品を朗読し、発表してくれました。

後半は、にぎやかなアメリカのお菓子を囲み、忘年会に突入。
チョコレートケーキやモモピクと生ハムの押し寿司の差し入れもありましたー
ありがとうございました!

2009/12/14

《子どもとアーティスト》下竹荘こどもテレビ局

「下竹荘こどもテレビ局」下竹荘小学校 × 真部 剛一
2009年11月25日(水) 岡山県吉備中央町立下竹荘小学校にて、下竹荘こどもテレビ局が開局しました。
44人の全校児童と岡山在住の現代美術家・真部剛一が「トヨタ子どもとアーティストの出会いin岡山」のワークショップでつくったテレビ局です。下竹荘の子どもたちはいつも元気です。よろしくね〜!
下竹荘小学校のおおさき校長先生は、いつも子どもたちに「県下一」を合言葉にしています 。何事にも一生懸命ということ。楽しさも県下一です!
子どもたち全員で考えたキャラクターは、学校の名前にちなみ「下竹の子」という名前 です。実は、いろんな野菜や果物をもとに考えた「兄弟キャラクター」たちもいるんだ そうです。
6年生を中心にして、番組を考えたときに「今日のベストショット」を流すことになり ました。自然に囲まれた学校ならではの発想です。 こども一人一台ずつビデオカメラを持って、自分たちの町にインタビューに出ました。 これは、「好きな場所や気になるもの」「地域の人へのインタビュー」のコーナーです 。その人たちのいいところが、うまく引き出せるかな?
初めての放送が終わりました。ちょっと緊張気味でしたが次回も楽しみですね〜。

番組構想・ディレクター・照明・司会・コメンテーター:下竹荘小学校6年生
音響・ビデオ調整:真部剛一

実際の映像はアートリンクHPから見れます→コチラ

2009/12/05

《国際交流》プログラム完了しました!

フロリダの生活
12月2日(水)セントピーターズバーグ市内の子どものための病院と、私立の病院にクレイのメンバーとベッドサイドアートワークに行きました。クリスマスカードを作りながら、一人ひとりと話しました。「昔はピアノを弾いていたぜ」という人とは、病室で歌も飛び出しました。
ポットラックパーティークリエイティブクレイでの温かいお持てなしパーティー!!!お寿司や、家庭料理、甘いお菓子がたくさん並びました。参加したメンバーが、それぞれ岡山のアートリンクの報告もして、互いの活動をじっくり話しました
プログラム完了しました!2組のワークショップが完了しました。3日(木)、4日(金)にはシアターでのパフォーマンスに合わせて、ギャラリーに展示しました。「トランプ」を使っての「ババ抜き」。それぞれのキャラクターを使っての「紙相撲」。だんだんexcitingしてきました!!!クレイのグレースさんは、来春の来日に向けていろいろ準備中とか。岡山でもじっくり話したいです~。お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

2009/12/02

《国際交流》ワークショップin Clay 初日

今日は一日、クレイのメンバーとワークショップです。
準備してきた巨大な「書」を書く、山本さんと湯月さんのチームでは、8人が参加。日本の漢字を見ながら、自分の書きたい文字を決めていきました。
明日からは、この書を生かして「トランプ」を作っていきます。
一方、マンガ教室を始めた、伊丹さんと真部さんチームは、5人が参加。初めに自己紹介を兼ねて自画像を描きました。その後、「日本のイメージ」を描いていきます。「寿司」「着物」「サムライ」「刀」他には、かわいいキャラクターなどが出来て行きました。明日からは4コマ漫画や、フィギア作成も。
いずれも楽しい時間でした。
夕方は、アートリンクに参加していたアーティストのサラさんと、アメリカンサイズのハンバーガーを食べました。